食事は野菜から食べる

日本には100歳以上の人が17,000人と長寿国家ですが、実際は
その8割が寝たきりという状況です。順天堂大学の白澤卓二博士は、「いかに100歳の誕生日を元気に迎えられるか」をテーマに研究をしています。
その白澤博士がプロデュースした「アンチエイジングツアー・イン・五頭温泉郷」では、温泉と食事そして、生き生きワクワクする体験を組み合わせたものです。

平成24年度は、村杉温泉・風雅の宿 長生館にて開催されました。 すべての食事は、白澤博士が監修したもので、薬膳なども取り入れ、免疫力を上げ、老化防止に効く塩麹や酒粕もたくさん使用したメニューを発表しました。

阿賀野市は水田、畑が豊富に存在しているので、色々な場所でファーマーズマーケットが開かれ、地場産の野菜を入手するルートも多い。そのため、旅館や飲食店では、鮮度の高い地場産の農産物を気軽に使用することができる、素晴らしい環境が整っています。