温泉総選挙2019

温泉総選挙2019ロゴ

取り組み自慢 EFFORT

市川三郷町特産「大塚にんじん」

市川三郷町みたまの湯周辺の大塚地区は、約1万年前に八ヶ岳が噴火した火山培土が堆積したといわれています。そしてこの土壌のことを地元では「のっぷい」と言っており、
特に、根菜類に適した土質で、大塚にんじんや大塚ごぼう、里芋や山芋・長いもなど古くから栽培が盛んです。

【大塚にんじんの特徴】
・長さが長いもので1メートルにもなり、甘く、人参本来の香りが強いのが特徴です。
 生でそのままスティックサラダで、煮物や天ぷらなどメニューは様々です。
 地元では、にんじん飯として昔から食べられています。

【大塚にんじんの収穫時期】
・天候によって毎年異なりますが、11月下旬から2月の下旬までです。
 今年(2019年)は、11月23日(土)から、みたまの湯の「のっぷい農産物直売所」で販売開始します。

【大塚にんじんの食事メニュー】
・みたまの湯食事処「みはらし亭」で釜飯、揚げ物、スティックサラダなど取り揃えておりますのでご賞味ください。
 ⇒http://www.mitamanoyu.jp/news_info/5339

【大塚にんじんドレッシング】
・12月上旬から販売開始します。このドレッシングは、すりおそし生ドレッシングでサラダはもちろん、しゃぶしゃぶや冷やっこにかけても美味しくいただけます。
 ⇒http://www.mitamanoyu.jp/news_info/5336


【大塚にんじん収穫祭】
・12月14日(土)9:00~正午まで、みたまの湯駐車場で開催されます。
 当日は、大塚にんじんと大塚ごぼうの直売をメインに、にんじん飯の試食や模擬店などご用意しています。

この温泉地のページにいく