温泉総選挙2019

温泉総選挙2019ロゴ

石川県 金沢市 湯涌温泉 総湯 白鷺の湯

  • いい湯!数50
  • いい湯!する

コメント一覧

まだ応援コメントはありません

応援コメントを送る!

総湯 白鷺の湯

養老二年(718年)近郷の農夫が泉に身を癒す白鷺をみてこの温泉を発見したと伝えられています。藩政時代は、加賀藩の歴代藩主を始め一族が 常用し、その効能によって治癒本復することがしばしばあり、これを賞され湯宿の主人に名字帯刀が許されたと言われます。大正の初めドイツで開かれた万国鉱 泉博覧会に当時の内務省の推薦により日本の名泉として出展、泉質の良さが認められました。以来、文人墨客の来湯が繁くなり、特異な美人画で知られる大正の 詩人、竹久夢二が愛する女性彦乃を至福の日々を過ごした「ロマンの湯」としても知られています。
平成12年4月16日、総湯に隣接して「金沢湯涌夢二館」が作品など700余点を集めて開館し、大勢の来館者で賑わっています。又、薬師寺境内 には湯涌での歌十数首のうちの一首「湯涌なる 山ふところの小春日に 眼閉ぢ死なむときみのいふなり」が歌碑として刻まれています。
「なめらかさと温もりが肌を包み込む」湯涌温泉特有のお湯は、総湯「白鷺の湯」の愛称で湯ったり、湯っくりが好評を得ています。

応援コメントを送る! COMMENT

0/20文字
※こちらで入力された名前が表示されます

0/100文字

応援コメントを投稿しました

応援コメントは一定時間後に反映されます


応援コメント投稿に失敗しました

時間をおいて再度投稿ください


応援コメント投稿に失敗しました

名前(ニックネーム)は20文字以内
応援コメントは100文字以内に収めてください