10の泉質を知ろう

療養泉とは、温度と主な含有成分に基づいて、10つに分類されています。
それぞれ泉質固有の「泉質別適応症」があるので、各特長を知っておくと目的に応じた利用に役立つでしょう。

単純温泉

溶存成分(ガス成分を除く)が、1,000mg/kg未満。泉温は25℃以上。

特 徴
  • アルカリ性単純温泉はpH8.5以上。
  • 刺激はマイルド。
  • 適応・禁忌は一般的適応症・禁忌症に準ずる。
浴用の適応症
  • 自律神経不安定症
  • 不眠症
  • うつ状態

塩化物泉

俗に言う「熱の湯」。
陰イオンの主成分が塩化物イオン。

特 徴
  • 皮膚に塩分が付着するため、保温効果・循環効果がある。
浴用の適応症
  • きりきず
  • 末梢循環障害
  • 冷え性
  • 皮膚乾燥症
  • うつ状態
飲用の適応症
  • 萎縮性胃炎
  • 便秘

炭酸水素塩泉

俗に言う「美人の湯」。
陰イオンの主成分が炭酸水素イオン。

特 徴
  • 皮膚の角質を軟化する作用がある。
浴用の適応症
  • きりきず
  • 末梢循環障害
  • 冷え性
  • 皮膚乾燥症
飲用の適応症
  • 胃十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 糖尿病
  • 痛風

硫酸塩泉

陰イオンの主成分が硫酸イオン。

特 徴
  • 飲んで胆のうを収縮させ、腸のぜん動を活発化する。
浴用の適応症
  • きりきず
  • 末梢循環障害
  • 冷え性
  • 皮膚乾燥症
  • うつ状態
飲用の適応症
  • 胆道系機能障害
  • 高コレステロール血症
  • 便秘

二酸化炭素泉

俗にいう「泡の湯」。
入浴すると小さな気泡が身体に付着する。
二酸化炭素を1,000mg/kg以上含む。

特 徴
  • 炭酸ガスが皮膚から吸収され、保温効果や循環効果が知られている。
浴用の適応症
  • きりきず
  • 末梢循環障害
  • 冷え性
  • 自律神経不安定省
飲用の適応症
  • 胃腸機能低下

含鉄泉

鉄(Ⅱ)イオン・鉄(Ⅲ)イオンを合計で20mg/1kg以上含む。

特 徴
  • 空気に触れると、さび色に変色する。
浴用の適応症
  • 鉄欠乏性貧血

酸性泉

水素イオンを1mg/kg以上含む。

特 徴
  • 酸性が強いと入浴で皮膚にしみ、口にすると酸味がある。殺菌力が強い。
浴用の適応症
  • アトピー性皮膚炎
  • 尋常性乾癬
  • 表皮化膿症
  • 糖尿病

含よう素泉

ヨウ化物イオンを10mg/kg以上含む。

特 徴
  • 非火山性の温泉に多く、放置すると黄色く着色する。(日本はよう素の主要生産国)
  • 飲んで総コレステロールを抑制する。(ただし甲状腺機能亢進症がある場合は注意)
飲用の適応症
  • 高コレステロール血症

硫黄泉

総硫黄を2mg/1kg以上含む。

特 徴
  • 殺菌力が強く、表皮の細菌やアトピー原因物質を取り除く。
浴用の適応症
  • アトピー性皮膚炎
  • 尋常性乾癬
  • 慢性湿疹
  • 皮膚化膿症
  • 末梢循環障害(硫化水素型の場合)
飲用の適応症
  • 胆道系機能障害
  • 高コレステロール血症
  • 便秘

放射能泉

ラドンを30×10-10Ci/kg(8.25マッヘ単位)以上含む。

特 徴
  • 温泉に含まれる微量の放射能は、炎症に効果的。
浴用の適応症
  • 痛 風
  • 間接リウマチ
  • 強直性脊椎炎など